FC2ブログ

空族祭SS 雨夜


No.100

■ヒカル君がサクラに襲われたら? 投稿者:雨夜 投稿日:2012/03/24(土) 00:14


サクラちゃんとヒカルくん

サクラ「うにゅ~…飛んだあとだからやっぱり落ち着かないにゃあ…ん?そこにいるのは?」

ヒカル「…あれ?サクラちゃんどうしたの?」

サクラ「ヒカルくんかあ…う~ん、どうしよ…我慢できないしいっか。」

ヒカル「サクラちゃん?」

サクラ「ヒカルくん?こっち来て…」



ヒカル「!!
何するの!」

サクラ「みゃはははは…ちょっとだけ、ちょっとだけ、あたしに突っ込んでくれるだけでいいの…っ!」

ヒカル「やめて!くすぐったいよ!」

(ガバッ)

サクラ「…えっ?」

ヒカル「………!!」

サクラ「ヒカルくん…が……」

ヒカル「(今だ!)」

ガバッ!ガシッ!

ヒカル「…サクラちゃん?」

サクラ「え、何、ヒカルちゃ…」

ヒカル「見なかったことにする事。
僕は君に襲われて服を脱がされていない、胸の痣を見られていない、…女の子だと知られていない。」

サクラ「う…にゃあ…」

ヒカル「誰にも言わないこと。
特に…クロエには。
話したときは…覚悟しといてね?」

サクラ「ひっ…」

ヒカル「返事は?」

サクラ「は…い…。」

ヒカル「それでよし。
じゃあ、また後で。」

サクラ「…ヒカル…くん…服だけ整えて行っちゃった…あの黒い笑顔、本気だったよ…怖いにゃあ…」



No.101

■ウゲツとジン達 投稿者:雨夜 投稿日:2012/03/24(土) 00:14

ウゲツ「(?
なんだあの子。
さっきからキョロキョロして。)

おーい、君!」

???「ビクッ」

ウゲツ「驚かなくっていいよ。
困ってるみたいだから声をかけたんだ。パリヴァールは初めて?」

???「そんなことはないんです、あの…ウゲツさんですよね?」

ウゲツ「え?何で俺の名前を知ってるんだ?
…ひょっとして友達にイルって子がいる?」

???「え、はい、まあ…。さっきまで一緒にいたんですが、はぐれちゃったみたいで。」

ウゲツ「ああやっぱり。
…イルを探すんだったら俺も手伝うよ。」

???「いいんですか?」


ウゲツ「一応、友人だから。
…けど知らなかったな、イルにこんな可愛い女友達がいたなんて。」

???「…今なんて?」

ウゲツ「君みたいな可愛い子が、イルの友達なのかって。」

???「えっと…気づいてないんですか」

ウゲツ「え?何が…」

ジン「お、ウゲツー!」

ウゲツ「!、ジン!
ちょうどいいところに!」

(ギュッ)

???「え、ちょっと、ウゲツさん!?」

ジン「どうしたん、そんな慌てて。
…今手ぇ握っとるそいつは…」

ウゲツ「そいつって…可哀想だろ。
イルを探してるんだけど知らないか?この子、離れたみたいでさ。」

ジン「おま…そいつを女だって思うとるんかい?」

ウゲツ「そうだろ?俺もイルにこんな可愛い女友達がいるとは思いもしなかっ…」

ジン「くく…っ、
ぎゃはははははははは!」

ウゲツ「おまっ、何突然笑いだすんだよ!」

イル「なんや、えらいうるさいなあ…」

ウゲツ「あっ、イル!はぐれてた友達見つけたぞ!
あと、1人で腹抱えて笑ってるこのバカを何とかしてくれ!」

イル「え、ウチ友達と一緒ちゃうで?」

ウゲツ「嘘つけ、だってこの子…」

ジン「おおいイル!ウゲツの奴、ユウキをお前の女友達と勘違いしとるで!」

ウゲツ&イル「「…はい?」」

イル「え…ちょい待ちい兄ちゃん。
こいつが…うちの女友達や思うたん?」

ウゲツ「それしか思い付かなかったんだけど…違うのか?」

イル「プッ…アハハハハハハ!」

ウゲツ「おいこら笑うなよ!
え、じゃあこの子…」

???「え、ええっと…」

ジン「あー、こいつはユウキっつー奴でな、性別は男や!」

ウゲツ「へーぇ…えええええええええ!?
ウソっ!こんな可愛い子が?」

ユウキ「あーもう!さっきから酷いじゃ無いですか!可愛いだのなんだの言われても、俺全然嬉しくないですって!」

ウゲツ「ほ…本当みたいだ…。
…じゃあ何で君、女の子の格好なんかしてるんだよ。」

ユウキ「イルに着せられたんですよ。
この前だって潜入するときにヒラヒラしたの着せられるし…」

ウゲツ「そうだったのか…。
ごめんな、間違えたりなんかして。」

ジン「いやー皆見事に引っ掛かるから笑いが止まらへんわ」

ウゲツ「お前なあ…本人も嫌がってるみたいだし、やめておけよ。」

ジン「…なんやウゲツ、がっかりしてへんか?」

ウゲツ「何言ってるんだよ、そんなわけないだろ。」

ジン「ははあ…さては?
女装のユウキに惚れてたとか?」

ウゲツ「っ、馬鹿!そんなわけあるか!」

ジン「図星やな…長年いるからほんまに解りやすいこっちゃ。
…可愛い女の子見て鼻の下たらしてばっかで、肝心の相手が見つからへんってお前の姉ちゃんが言うとったなあ。」

ウゲツ「そんなこと言ってたのかよ姉さん…!」

ジン「で?今回惚れた感想はどうでっしゃ…おっと!」

ウゲツ「いい加減黙らないと、そろそろ只じゃおかないぞ!」

ジン「殴ろうとした後で言うなや!
しかも義手の方でストレートかまそうとしおって!」

ウゲツ「元々俺は左利きだからな。
ちょうど体を動かそうと思ってたところだ…お前がこの義手で殴られる人間第5号って事で!」

ジン「ほんまにやるんやったら、こっちも本気でいくで!
覚悟しいや!」

ウゲツ「望むところだこのゴリラ!」

ジン「悪人面が言うなや!」

イル「キャハハハ!なんや面白い事になってきたで!」

ユウキ「笑い事じゃないって!こんな道端でガチバトルするなよ二人とも!」

ジン&ウゲツ「「外野は黙っとらんかい(黙ってろ)!」」

ユウキ「えええっ!?」



その後、駆けつけた主人公たちによって喧嘩は止まり、ジンとウゲツは勿論、その場にいたイルとユウキも酷く叱られた…


ユウキ「…何で俺まで叱られるんだよ…」



※補足
・コーラスを助けたときにドラゴンヘッドを四人ぶん殴ったのでジンは5人目。
・時系列は全く考えてません。ユウキとウゲツは面識なしの方向で行きました。
ユウキがウゲツの名前を知ってたのはイルとジン経由。

ウゲツにマガツと悪友設定があったことを思い出し、あのコンビともこんな感じなんだろうなーとか思って書いたらこうなりました。






No.102

■ウゲツとアイハラ君 投稿者:雨夜 投稿日:2012/03/24(土) 00:14

ウゲツ「じ~…」

アイハラ「え、あの~…俺の機体と顔に何かついてます?」

ウゲツ「なあアンタ…この機体で大丈夫なのか?」

アイハラ「あ~もう慣れてきたよ。」

ウゲツ「機体名は…しんかい君?ああっ!やっぱり!
ボロッちい癖に数ある激戦を生き抜いてきた飛行艇があるって!パイロットは君だったのか!」

アイハラ「え、ちょっと待って。俺…ひょっとして有名?」

ウゲツ「当たり前じゃないか。プロのパイロットの間じゃ噂で持ちきりだった。
機体名はともかく、操縦者までは誰もわからなかったし…
会えて光栄だ。
機体もまさかこんな形で拝めるなんて。うわ、装甲ボロボロじゃないか。エンジンもずいぶん古いし…。」

アイハラ「俺だって、改造したいし武器だってつけたいよ。けど、金なくってさあ…。こんな装備でカノンの我が儘に付き合わされてさ、機体も心もボロボロだよ…。」

ウゲツ「よく生き残れたな…操縦の腕は本物だ。同じ空族として尊敬するよ。
…あ、そういえば、仲間の1人が「一回ぐらい撃ち落としてみたい」とか言ってた…あと、上司が一回でいいから刀で真っ二つにしたいって。」

アイハラ「どっちも物騒だな!」

ウゲツ「それだけ有名なんだよ。撃墜したら相当凄腕だって言われてるんだ。」

アイハラ「はあ…胃が痛くなってきた…ついでに寿命縮みそうだ。
…なあ、君はチーガオでお医者さんの手伝いしてるんだろ?そこに転職とか…できるかな。」

ウゲツ「クラガさんの所か?出来るとは思うけど…勿体無い。」

アイハラ「は?勿体無い?」

ウゲツ「それだけの腕があるのに自分からやめるだなんて、やっぱり勿体無いって。
…転職先なら、俺が所属してた組織を紹介するよ。あそこなら設備も揃ってるし、機体の改造だっていつでもできる。」

アイハラ「それ本当か?」

ウゲツ「俺も調子を取り戻したら戻る予定だし、その時は一緒に行こう。あれだけボロい飛行艇でここまでこれたんだ。最高の装備を施せば、きっと伸びるよ!」

アイハラ「…!ありがとう!えーと、ウゲツ君!」

ウゲツ「どういたしまして、えーと…」

アイハラ「…アイハラな。」

ウゲツ「そうだそうだ、アイハラ君!」

アイハラ「くううやった!
漸く一筋の光が見えてきたッ!」

ウゲツ「(…あれ、さっき俺が言ったこと忘れてないかアイハラ君?

…多分、一緒に行ったときに「一回だけでいいから撃ち落とされなさいよ」って言われて大変な目に合うだろうな…。アイツや隊長に撃ち落とされないといいんだけど…)」

アイハラ「いやー本当にありがとうウゲツ君!」

ウゲツ「(こんな喜んでるし、本人に言いづらいなあ…)」






スポンサーサイト



プロフィール

pwpkkmnriderdcd

Author:pwpkkmnriderdcd
パワポケスタジアムで行われた「パワポケ空族祭」の作品をまとめてあります。
管理人:BLUE

最新記事
カテゴリ
カウンター
WEB拍手
検索フォーム
リンク
QRコード
QR